県内の教員による美術展です。ウェブサイトはこちらから。
 

全高美工研2015福井大会のページ

2015年度の高教研の活動内容はこちらをご覧ください。

 

高教研美術部会 関連情報

高教研のページは、こちらをクリック。
 

高文連美術部会 関連情報

>>>高文連のページはこちら


生徒の作品も掲示しています。
 

第52回全国高等学校美術、工芸教育研究大会〈2015福井大会〉トップページ


福井大会オフィシャルサイト

 

新着情報

 RSS
表示すべき新着情報はありません。

大会終了のご挨拶

第52回全国高等学校美術、工芸教育研究大会〈2015福井大会〉を無事に終えることができました。全国各地から参加していただきました皆様のおかげと、心より感謝申し上げます。また、文部科学省、福井県教育委員会、全国美工研本部をはじめ、多くの皆様よりご指導とご協力を賜りましたこと、厚くお礼申し上げます。
「あおっさ!!! -未来につながる美術、工芸教育-」をテーマに、本大会では貴重な報告をいただき、グループディスカッション、全体ディスカッションで活発な発言をしていただき、ありがとうございました。ディスカッションを通してテーマに迫り、協議を深めることができました。それぞれの問いに、自分なりの考えをまとめ、他人の意見を聞き、言葉で述べることで、普段思ってもみなかったことが心のうちに想起されるという経験をしていただけたら幸いです。本大会が、未来に向かって美術、工芸教育に取り組む心のよすがになることを祈念してお礼のあいさつとさせていただきます。
 第52回全国高等学校美術、工芸教育研究大会<2015福井大会>
会長
福井県立丹南高等学校長 水野 幸郎
 

福井大会に参加していただきました皆様に、心より御礼を申し上げます。
開催が決まってから、私達は迷いながら準備を進めてきました。情報交換会でもご挨拶をさせていただきましたが、少数のメンバーが、一人何役もこなしながら準備を進めてきました。「良い大会にしたい」・「特色のある大会にしたい」という思いを皆が持ちながら準備に臨みましたが、うまくいかない部分もあり、ご迷惑をおかけしたこともありました。
ディスカッション・テーマ決定の際にも、発表者の皆様には大変失礼なお願いをすることになってしまいましたが、本大会の趣旨にご賛同いただき、ご協力をいただきました。私自身は、実はハラハラしていたのですが、実りある分科会であったのなら、幸いです。
私の「足りない部分」を福井のメンバーが埋めてくれて、福井のメンバーの「足りない部分」を全国の皆様が埋めて下さいました。
たとえ美術の教員同士であったとしても、何かを「共有」するということは、容易いことではありません。しかし、最初から諦めていたのでは、「次のステップ」へと進むことはできません。この大会が、そこへの第一歩となってくれたのなら、幸いです。

 第52回全国高等学校美術、工芸教育研究大会<2015福井大会>
実行委員長
福井県立羽水高等学校 教諭 間所 節夫
 
 

日誌

福井大会日誌 >> 記事詳細

2015/08/02

研究部分科会運営打合せ会

Tweet ThisSend to Facebook | by:kfk伊藤裕貴
「『高校教育になぜ美術、工芸教育があるのか』という社会の問に答えられる未来を拓く授業研究の方向性を共有する」
という福井大会のねらいを再確認しながら、福井チームの研究発表をたたき台に、各分科会の要点を整理しました。
また、分科会運営の打合せとして、ディスカッションにおけるコーディネーターの発問演習と、黒板アシストのシミュレーションを行いました。

今回は、全般にわたり水野幸郎
大会会長(数学)に会を引っ張っていただきました。
(これも福井独自の異教科連携?!)
これからは、研究部でさらに発問を吟味し、
コーディネーターがまとめの要点と技術をおさえ、分科会を成功へと導いていきます。

日時:平成27年8月1日
場所:福井県立青少年センター


13:39 | 投票する | 投票数(0)

カウンタ

7150
*リニューアル後

カウンタ

※TEST COUNTER2631
※移転前 4519